任意整理後、カードを作れない期間はどれくらい?※種類別解説

任意整理後、カードを作れない期間はどれくらい?※種類別解説

任意整理後、カードを作れない期間はどれくらい?※種類別解説

任意整理後、任意整理をしなかったクレジットカードは、基本的にはそのまま継続して使用できる場合が多いものです。なぜなら、そのカードに対しては今までの利用実績に対しての信用があるため、特段問題がない限りは、そのまま継続使用できるからです。
任意整理を行った場合、その情報は信用情報に登録されます。この信用情報は金融機関やクレジット会社などが必要に応じて参照できる本人の債務に関する記録で、一般的には新規にクレジットを組んだり、借金をしたりする際に本人の信用度合いを確認し、審査情報とする際に使われます。新たにクレジットカードを作る際にも基本的にはこの情報を照会するので、任意整理後数年は新たに作る事は殆どできません。
しかし、すでに持っていて特にトラブルを起こしていないクレジットカードは、利用してきちんと返済をしていればその信用は高まっていきます。その為、カード会社は新たに信用情報を照会することはまず行わないので、基本的には返済遅れなどのトラブルを起こさない限りは継続して利用できると言われています。その為、借金の返済に困窮し任意整理を行う場合でも、必要最小限のクレジットカードは任意整理の対象にせず、もし債務がある場合には任意整理後も自分で継続的に支払っていくことがよいとされています。
しかし、返済トラブルを起こしてしまった場合には、カードの更新時に信用情報を照会することがあり、その際に更新できない可能性も出てくるので注意が必要です。