任意整理したらクレジットカードが持てなくなるってホント?調査!

任意整理したらクレジットカードが持てなくなるってホント?調査!

任意整理したらクレジットカードが持てなくなるってホント?調査!

借金問題を抱えている人の場合には、法的な解決方法として債務整理の手段を使いたいと検討している人もいるでしょう。
債務整理には自己破産や任意整理などのいくつかの種類があり、それぞれの方法ごとにデメリットが変わってきますので、手続きを行う前に知っておいたほうが良いと言えます。
デメリットとして大きなものといえば、クレジットカードを作ったり新規の借り入れがしにくくなる点があります。
自己破産や任意整理などの手続きを行うことで、信用情報機関に登録が行われますので、自分の債務整理の情報が登録されている期間中は、クレジットカード会社や銀行や金融業者などのローンの申し込みを行ったとしても、それぞれの金融機関が信用情報機関に審査の段階で問い合わせをしますので、審査に通ることが難しくなります。
どの債務整理の方法を行った場合でも信用情報機関に登録されることになるわけですが、登録が行われている期間が変わってくることになります。
自己破産の場合ではブラックリストとして登録されている期間は10年ほどとなり、任意整理の場合では5年から7年ほどと言われています。
任意整理の手続きの場合には交渉を行って借金額を減額してもらった後においても、残っている借金の返済を続けていくことになります。
ブラックリストに登録されている期間については、借り入れを行っている金融業者と交渉を行って和解してから5年ほどの期間となりますので、それ以後であればクレジットカードの申し込みができます。
ただし、残っている借金の返済について滞納などを起こしてしまうと、登録期間が延びることが考えられますのでしっかりと返済をすることが大切です。