任意整理したら保証人が返済義務を負うの?※借金解決ガイド

任意整理したら保証人が返済義務を負うの?※借金解決ガイド

任意整理したら保証人が返済義務を負うの?※借金解決ガイド

任意整理は多重債務などで返済が困難になったとき、債権者と債務者の話し合いにより、主に利息部分を減額してもらうことです。一部の債権者だけを選んで任意整理することもできますし、過払い利息があるときは返してもらうことも可能です。裁判所が関与しないため手続きが簡単で、いろいろな債務整理の中でも頻繁に利用される方法です。
任意整理は利息の減額が中心になるので、自己破産や個人再生に比べると、それほど大きく債務を圧縮できない点がデメリットです。また自分で交渉することも可能ですが、プロの貸金業者は容易には譲らないことが多いため、熟練した弁護士や司法書士の助けを借りないとスムーズには進みません。
ほかの債務整理と共通したデメリットが、いわゆるブラックリストに載ることです。任意整理をした事実は個人信用情報機関に記録され、約5年間は消されません。したがって、この期間はローンやクレジットカードを利用できなくなります。ただし自己破産や個人再生に比べれば、短期間で記録が消えるとされています。また官報に公告されることもないため、名前が公表される心配はありません。
任意整理は借金の棒引きではなく、あくまでも返済することが前提です。ですから成立させるためには、安定した収入があることが最低限の条件になります。また保証人がいるときは、保証人も含めて任意整理の手続きをしなければなりません。これもデメリットのひとつと言えるでしょう。