任意整理したら住宅ローンも減額できる?~マイホームについて~

任意整理したら住宅ローンも減額できる?~マイホームについて~

任意整理したら住宅ローンも減額できる?~マイホームについて~

住宅ローンの返済期間中に任意整理を行うと、住宅ローンは対象にはならないため他の借金を整理する形となります。任意整理ではなく自己破産であれば住宅ローンも全て免除することは可能ですが、同時に住宅を失う形となります。任意整理は任意の交渉で債務を減額するものですから、住宅ローンがある場合には売却して残債の圧縮を図るほうが有効な手段と言えます。一方で任意整理を行った後に住宅を購入するには、完済後5年以上経過しなければ審査に通りませんので、信用情報機関から情報が削除されるまでの5年間はローンを組むことができないのです。原則と基本で言えば信用情報機関から任意整理の情報が無くなれば住宅ローンを利用することが可能ですが、金融機関には独自の情報により審査を行うところもありますので、必ず通るとは限らないのです。同じように整理を行った金融業者を利用することは、信用情報機関から情報がなくなったとしても困難なケースが多いのです。任意整理は返済を軽くする方法としては優れていますが、返済期間中と完済後の影響が自己破産並みに大きいため、高額な返済をするケースでは自己破産のほうが優れている場合もあるのです。自己破産では返済が免除されますが、任意整理は基本的に返済を目的としていますので、手続き後に同じような期間ローンを利用できないことを考えれば必ずしも良い方法とは言えないのです。簡単にできる方法ですが、安易に行わない方が良い場合もあるのです。