任意整理の完済後、気をつけなくてはいけない事をまとめてみた!

任意整理の完済後、気をつけなくてはいけない事をまとめてみた!

任意整理の完済後、気をつけなくてはいけない事をまとめてみた!

任意整理は交渉により残債を減額できるメリットがありますが、基本的には返済していくことが前提で利用できる方法となります。返済が困難であれば任意整理を行うメリットはありませんので、自己破産を検討することになります。任意整理では3年間で完済できることを目処に行われますが、状況に応じて5年間で返済することも可能です。基本は返済することにありますので、返済できない場合は利用できないのです。最近ではかろうじて返済できる状況にあっても安易に任意整理をしてしまうケースが増えていますが、完済後の生活を考慮すれば安易に行うべきではないと言えます。完済後は5年間の間借り入れは一切できなくなりますので、大きな負担を強いられてしまいます。収入があり苦しくても返済できる状況では、完済後の変化を考慮して手続きを行わない方が良い場合もあります。一方で過払い金が高額となる場合には、返済できる生活状況であっても任意整理で過払い金を返還してもらうのが最適です。高額な過払い金は借金を全て完済した他に現金が手に入りますので、完済後の生活を考慮しても十分なメリットがあります。任意整理を行うと信用情報機関に登録されてしまうため、融資審査には通らなくなりますので、完済後は確実に融資審査に通らなくなります。借金の総額が高額な場合でもかろうじて返済できる状況であれば、完済後の生活の変化が全てデメリットになりますので、返済が困難な人が利用するのが最適なのです。