任意整理の方法を解説!-5分でわかる手続きの特徴と流れ-

任意整理の方法を解説!-5分でわかる手続きの特徴と流れ-

任意整理の方法を解説!-5分でわかる手続きの特徴と流れ-

現在だけではなく過去においても、消費者金融業者などの貸金業者から融資を受けた経験のある人は多いのではないでしょうか。
貸金業者から借り入れを行ったときには、借り入れたお金の元本の他に金利分についての支払いが発生することになります。
金利については法律で定められている上限金利があるわけですが、大手の消費者金融業者を含めて多くの貸金業者が法律で決められている上限金利を超えた金利によって貸し付けを行っていた経緯があります。
利息制限法では上限金利について15%から20%までと決められているわけですが、かつての貸金業者の間ではこの利息を超える金利で融資を行っている会社が多くありました。
借り入れの履歴を貸金業者に開示してもらうことで、正しい借金額について引き直し計算をすることで、払い過ぎている利息分の計算をすることができます。
借り入れ契約の時点に遡ることで取引履歴の開示をしてもらう必要がありますので、弁護士などの専門家に依頼することで手続きを進展させやすくすることができます。
引き直し計算を行った結果として、過払い金が発生していることがわかったときには、過払い請求をして取り戻すことが可能です。
また、債務整理の方法として任意整理という手続きがありますが、任意整理においても借金額の引き直し計算を行うことで過払い金が発生していることが発覚したときには、過払い請求と合わせる形で任意整理を行うことが可能です。
任意整理と過払い請求を合わせて行いたいケースにおいても、弁護士などに相談することで手続きをスムーズに進められます。