任意整理の流れを知って賢く借金解決しよう-まるわかりガイド-

任意整理の流れを知って賢く借金解決しよう-まるわかりガイド-

任意整理の流れを知って賢く借金解決しよう-まるわかりガイド-

借金の返済が困難な状況に陥った場合、早急に債務整理をする必要があります。債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などの方法がありますが、ここでは任意整理についての流れを見ていきましょう。
任意整理は、裁判所など公的機関を通さずに、当事者同士の話し合いで借金を整理する手続きです。通常は、弁護士や司法書士等の専門家に依頼して、各債権者と個別に交渉します。
多くの法律事務所では無料相談を行っていますので、各金融業者との取り引き期間や残高などを説明して、任意整理が可能かどうかを相談します。相談の結果、依頼することに決まれば、弁護士と委任契約を結びます。弁護士は、債権者に対して任意整理を行う旨を通知し、取引履歴の開示も請求します。この通知を送付することで、取り立ては停止します。
取引履歴によって引き直し計算を行い、借金総額を計算します。過払い金が発生していれば返還請求を行います。計算し直した債務の支払いについて、原則として将来の利息カット、3~5年程度の分割で支払う、一括で支払うなどの和解案を作成して交渉に入ります。交渉がうまくまとまれば、和解契約を結んで、その内容に基づいて返済していくという流れになります。任意整理を選択する場合には、これらの流れをよく理解しておくとよいでしょう。
任意整理は、裁判所を通さないため手続きが比較的簡単で、債務整理の中では最もよく利用されます。借金返済の意志があり、比較的借金総額が少ない場合や自己破産したくない場合に適しています。